完璧な元カノとアダルトグッズで遊んでみた (Page 6)

 すぐ目の前で見開かれた大きな黒い瞳は、非難ではなく驚きと期待を湛えているように見えた。

 これまでなら「都合よく解釈しているだけだ」と頭で否定していたが、今は違う。

 彼女は、ジャケットを引き剥がそうとした俺を助けるように身体を浮かせた。

 自分でブラウスのボタンを外し、下着もすべて自分で脱ぎ捨てた。

 いまソファに横たわって俺を見上げている彼女は、自らすべてを曝け出してくれたんだ。

 俺はギンギンに固くなった肉槍に、彼女の手を導いた。

 彼女は、一瞬ピクリと固くなったが、素直に従って俺の肉茎をしっかりと握る。

「あ……、さっきと同じ」

「だろ? フィードバック機構には拘ったから。こっちも確かめさせて」

「ん。……あっ! いあっ!」

 内腿に指を滑らせると、彼女が脚を閉じようとした。

 しかし俺はそれを無視して、甘い汁を湧き立たせる泉へと指を潜り込ませる。

「あっ! あああっ! らめっ!」

 頬を真っ赤に染めたかれんが腰を引いて太腿をぎゅっと閉じ、俺の腕を両手で掴んだ。

 しかし、まったく力が入っていない。

 俺はそのまま淫猥な肉の襞を指で撫でた。

 とろとろのクリームのようなそこは熱く、ヒクヒクと震えて指を舐めるように蠢く。

「ひゃあっ! い、いんんっ! ち、違っ! さっきとぜんぜん違ううっ! あ、あんっ」

 かれんは俺の腕に抱きつくように身体を曲げて叫んだ。

 身体がヒクヒクと痙攣し、額から珠のような汗が転がり落ちる。

「か、かれん? ごめん、痛かった?」

「ち、違、違うのおっ! さっきの下着の指より、気持ち、良くてええ」

 そう言って上目遣いで俺を見つめる彼女の目は蕩けるように潤み、口許から涎が零れ落ちた。

 彼女の腰がカクカクと動き、俺の指で淫裂をシコシコと擦っている。

 もう、俺は限界だった。

「ごめん、かれん。俺もう我慢できない」

「う、うん、うんんっ!」

 コクコクと頷く彼女の蕩けた顔を見てから腕を引き剥がし、膝裏に腕を通して抱える。そして、肉槍の先端をとろとろの淫穴へあてがった。

 歓喜するように蠢いた肉襞が鈴口を舐め、太腿の付け根に熱い塊が生まれる。

 我慢汁が溢れて彼女の蜜と混ざり合う。

「んふう、んふあ、んふあ、んふあ」

 かれんの息が荒くなり、涎塗れの唇を物欲しげに開いている。

 唇ごと食べるように吸い付き、同時に腰を付き出した。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる31500Views

  2. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ24951Views

  3. 次はあなたがシャッターを

    益田冬嗣14442Views

  4. 大きすぎる僕ら

    まる13982Views

  5. もう、大人

    まる13289Views

  6. 老いるには早すぎる

    マギラス13215Views

  7. ヒモの心得

    まる9711Views

  8. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月8415Views

  9. だから、もっとしたい

    まる8152Views

  10. 女教師の秘め事

    マギラス6811Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る